ブログ

3月の鍛錬ノックのアドバイス、4月の鍛錬ノック

3月の鍛錬ノック 回答例

コンスタントに目標達成ができない

毎期の営業数字にはある程度のバラツキがある。ある程度仕方ないことだ。
目標達成率が上下10%以内に止まることが望ましい。

経験則だが、大きな原因は幾つかある。 
目標設定の精度が粗い。日々の計画性が低く、行動が一定していない。要は、計画して行動していない。
また、自分ひとりで悩んでいる営業マンも見かける。困ったときに上司・先輩達のサポートを受けていない。ここぞという勝負時にも上司・先輩達のサポートを受けていない。
更に、商談案件ごとの進捗管理で確実にできていない。着実にやるべき時期にやるべきことをやっていない。攻め時、タイミングを逸していることも多い。
もう一点は、期初に立てた計画の見直しをしていない。計画と実績の乖離が見えた段階で見直しをしていない。

目先のことも大切だが、計画を持って行動することが必要なのだ

4月の鍛錬ノック

どんなアドバイスをしますか ~いつも一人、上司に報・連・相ができない~

うちの課長って、報告・連絡・相談にうるさいんだよな。
毎日顔を合わせるたびに、“報・連・相” なんだ。

新入社員研修でも、“報・連・相は重要だ”って言われているけどさ。いざ、報・連・相しようと思っても課長も忙しそうだし。結局は、お客様窓口のある自分が何とかしなくてはならないし・・・。
報・連・相しても一緒のことになるしさ。それに、だいたい“叱られる”しさ。
以前に“何を言っているのか、サッパリ分らん、もっとチャンと話せよ”…なんて言われてメゲテしまったよ。
それ以降、だんだんと報・連・相が重荷になっているよ。

営業って、個人商店と同じで、自分で何とかする世界だと思うんだ。営業成績は自分の責任だし、営業は孤独なものだと思う。
課長に、“報・連・相”をうるさく言われないためにも、自分でできることはしっかりやって、目標をどうクリアするか考える以外ないよな。

≪この営業マンへの具体的なアドバイス≫ 2017年5月1日掲載予定