ブログ

4月の鍛錬ノックのアドバイス、5月の鍛錬ノック

4月の鍛錬ノック 回答例

いつも一人、上司に報・連・相ができない

一人でできることには限界がある。営業マンとして、もっとも信頼できるのは上司だ。
彼らは実績を上げて、役職を手に入れて上司になった人たちである。
上司の知識・スキル・ノウハウは貴重なものだ。
「報・連・相」という手段を使ってそれを自分の営業に活かしたい。

先ずは、報・連・相をとおして、営業上の問題点を解決できることを認識すべきだ。
組織運営上、自分から「報・連・相」することは必要なことだ。
しかし、自分ためにするということを認識すべきだ。
不具合・失敗を報告すると怒られることもある。
しかし、上司からはああしろ・こうしろという指示も出る。
それが、現状の問題解決のノウハウなのだ。

連絡すれば、仕事がスムーズに進む。相談すければ適切な行動が取れる。
成果を出すために「報・連・相」をするということを理解して欲しい。


5月の鍛錬ノック

どんなアドバイスをしますか

先輩、少し話を聞いてもらえますか。
先輩は楽しく仕事をしていますよね、自分は楽しさなんか感じたことかなんです。
無論、自分にはわからないご苦労もあるとは思いますが・・・・。
凄いエネルギーだと驚きです、到底自分には無理ですね。

先輩のように毎日懸命に情熱をもって仕事に取り組めないんです。
どちらかと言えば “つまらない”という感じです。
入社以来3年間ずっとそんな感じです。

無論、この仕事をしようと決心して、入社したんですよ。
目標は達成しないといけないともずっと思っています。
生活もありますし、来年結婚しますし・・・。
でも、ダメなんですよね。平均すると最近は80%ぐらいの達成率だと思うんです。

一所懸命になっていないから当たり前なんですが・・・。
もう、惰性で営業をやっているという感じです、情けないことです。
営業にはむいていないということかも知れませんね。

≪この営業マンへの具体的なアドバイス≫ 2017年6月1日掲載予定