ブログ

11月の鍛錬ノックのアドバイス、10月の鍛錬ノック

10月の鍛錬ノック 回答例

競合他社が押し寄せてくる

お客様が欲しがる他社にない独特のものがあるか?こんな質問を営業マンにすると、色々と話をしてくれる。
何とか、差別化したいという気持ちは分かる。しかし、大して他社競合商品と違わない。
絶対無比というものは滅多にあるわけではない。多くの会社が同じようなものを扱っている。
また、営業マンは多くのお客様にアプローチをする。結果として、ひとつの案件に必ず競合が発生する。

お客様の窓口担当者も一社指名というわけには行かない。数社の内容を検討して、ベストなものを選ぶ必要がある。
担当者として極当然のことだ。結果として、ひとつの案件に必ず競合が発生する。
競合がいるということは極当たり前のことだ。その中でどう勝ち抜くのかが課題なのだ。
競合他社より、お客様にどれだけ多くのメリットを提供できるのかが問題なのだ。 その点に集中したい。

11月の鍛錬ノック

どんなアドバイスをしますか ~お客様の役に立っているか不安~

最近、絶好調とは言えないまでも、売れているんです。
特に、新規開拓で新しいお客様がかなり増えてきています。
今後も楽しみだね・・・と言われます。

結構、“売れれば売れる”で大変なんですねぇ・・・、先輩たちの大変さがよく分りました。
納期どおり納品するために、関係者との調整が大変で、時間がいくらあっても足りませんよ。
無論、新規商談もありますし・・・。

しかし最近、“納品したものがお客様に本当に役立っているのか”不安になってきました。
納品したきり、フォローもできていませんし・・・。
まあ、お客様から文句やクレームがないので大丈夫だとは思っていますが・・・。

しばらくすると、また納品先から引き合いも貰えますよね。かなり不安なんです。

≪この営業マンへの具体的なアドバイス≫ 2016年12月1日掲載予定